殿「TONO」誕生秘話にござりまする〜っ。

おとぎ話では、ござりませぬが・・・。
歴史を掘り起こすところ、時は、西暦2010年頃でしょうか?

私、二代目殿 磨作博が、聞いたところによりますと、
大阪の二人の若者が手持ち無沙汰で
何気なく漫画をかいていたところ、
突然に「あれ〜っ。なんか、見たことある〜。」
なんとなく、どこかで見たような〜っ。んんんん?
違うような似たような〜。そう言えば、あ〜っ。ある〜っ。

しかも、こちらは、「お殿様〜。ここは、日本国。」
ううん〜っ。もしや、いけるかも〜っ。

さすが、大阪人です。タダでは転びません。
商魂たくましく商標を取得したのでございます。


はい、そうしてできたのが、第一号の刀⇒殿でございます。
大阪で考えられたトノタウンのシンボル。
ド定番ともいえる【殿⇒刀】です。隠れファンも多くいるのでございます。
2011年販売開始となりました。

★「POLOちゃいまんねん、殿でんねん」このフレーズに乗り、
一時は、海外にも売り込む勢いだったと・・・。言い伝えられております。

諸行無常〜っ。波が引くようにやがてピークも過ぎ、
大阪のお城の家計は、厳しくなり、紆余曲折した後に、大阪より天領の地、倉敷に西暦2014年8月に城を移しました。

そこから、現在の私、二代目殿 磨作博として
新しいトノタウンの運営が始まりました。

時は、西暦2014年冬。 二代目 殿 磨作博は、日々、次なる一手を模索していた。
我がトノタウンには、【殿⇒刀】のアイテムしかない。 【殿⇒刀】だけでは、いずれ城は絶える。兵糧攻めに耐えながら、 ひと冬を超え、耐えがたきを耐え、ながら新しい殿を探していたのでござりまする。

頭をよぎるのは、何かカッコいい殿、決めポーズ。 全く思いつかないが・・・。
決めポーズと言えば、オイラの世代なら・・・。
頭の中をよぎるのは、1977年製作のアメリカ映画「サタデーナイトフィーバー」の
主演ジョン・トラボルタのディスコでの決めポーズです。
【殿⇒天晴(あっぱれ)】は、完璧に米国のギャグめいたアイデア。
サタデーナイ殿フィーバー と想像し、 ジョン殿ボルタ などと一人でウケておりました。

映画のワンシーンで突き上げた、あの指の表現が刺繍では、難しく最初は、右手で扇子を持たせたのでございます。しかし、修正を重ね、指を突き上げました。

当然、羽織の中は、映画にならい、スーツの裏地をイメージして赤にしたのでございます。 この殿は、リアル版だけですが、元気感や決めポーズで親しみを感じていただいております。

余談ですが、映画、ミッションインポッシブルのトム・クルーズから殿クルーズと称して ミッションを遂行するポーズを考えていたことも事実ですが、見事にお蔵入りいたしました。
 西暦2015年8月に【殿⇒天晴(あっぱれ)】を販売開始。

次なる殿の製作は、原点に戻り、お殿様は馬に乗り戦うべきだと考えておりました。
以前、笑い話ですが、『お殿様が馬に乗って戦う時は、終わりだー。』
など、カキコミをいただいたことがあります。
確かに殿が、戦うのは最後の最後、 殿が、決戦に出るのは無謀です。
でも、ここで、弓と槍パターンを同時に投入しました。


まさに背水の陣だったのかも知れませぬ。 【殿⇒弓】【殿⇒槍】どちらも戦闘態勢で挑みました。 ようやく、殿⇒刀ファンの応援もあって好評でございました。 やはり、戦うことが人間本来の闘争心に火をつけるのでしょうか? リアル版、シルエット版を御用意しております。
西暦2016年2月【殿⇒弓】【殿⇒槍】販売開始。

次なる殿は、どんな殿になるのか お客様からもこんな殿、あんな殿とリクエストを受けておりますが、 弓・槍とくれば火縄銃。
しかし、馬の上から火縄銃というのはどうかなと考えておりました。
西部劇では、騎兵隊が馬上かウインチェスターのライフルで打つということはあります。
しかし、日本では、信長の鉄砲隊はありますが、馬上からの火縄は、連射が不可能。
その為、なんとまた馬を降りたのです。しかし、鉄砲隊が火縄を持つことはありますが、
殿は、通常触ることもないので、これは、試し撃ちなのかも?

 
西暦2017年2月【殿⇒火縄】販売開始。

次なる殿は、果たして?
毎回、頭を悩ますのです。
少し落ち着いた雰囲気で殿らしいたしなみは、何だろう・・・。 花見か?魚釣りか?
粋な殿のたしなみは、何だろう?
迷いましたがここは、?鷹狩できまりました。


西暦2017年3月【殿⇒鷹狩】販売開始。

ついにきました、7人目の殿。 七人の侍では、ありませんが七人の殿までよくぞここまで作ったという感じです。『殿を増やせば、いいというものではない』 というお叱りもありましたが、 最後の武術と言えば、やはり薙刀。 馬から降りておりますが、これはこれでポーズは、決まっております。槍に赤の房をつけたのでアクセントになりました。

西暦2017年5月【殿⇒薙刀】販売開始。

さて次なる殿は、否、姫にござります。
この、リクエストは、確かに多かったのですが、
トノタウンに姫は、必要か?
この疑問が解けるまでに数年かかりました。
次に、姫のイメージが難しく、長年停滞しておりましたが、ついに解禁にござります。


西暦2018年1月【姫⇒白馬】販売開始。
 
  • 殿について
  • リアル殿
  • シルエット殿

アイテムから探す

アイテムから探す